ベビーセラピストの必要性



053.gifベビーセラピストの必要性

ベビーセラピスト、ベビーマッサージ、ベビーヨガ、ベビーリトミック、資格、取得、通信教育今の時代は、核家族が増え、お母さんの育児の手助けが少なくなってきています。その負担の大きさからストレスを抱えているお母さんが増えているのが現状です。

 

そのストレスが何の罪もない子どもたちに向けられ、育児放棄や幼児虐待などにつながるといっても過言ではない時代になってきているのも現状です。赤ちゃんとお母さんを日々のストレスから解放し、心を癒してあげること、育児のサポートをしてあげることで、救われることもあるのです。そのかけ橋となるのがベビーセラピストの役目です。

 

当協会のベビーセラピストの中にも、自分が産後に子育てにストレスを感じ、毎日孤独と不安の中で過ごしていた時に、ベビーサロンに通い、ベビーセラピストにサポートされた経験があり、心が癒され、子育ても楽しいと思えることができたので、子どもが大きくなった今、自分がベビーセラピストとして少しでも多くのママの力になりたい。という思いから、ベビーセラピストのお仕事をされている方もたくさんいらっしゃいます。